クリニックで事務の仕事|介護の現場を目指しているなら|求人をは選び抜こう

介護の現場を目指しているなら|求人をは選び抜こう

婦人

クリニックで事務の仕事

女医

資格と経験が大切

医療事務の主な仕事は診療報酬明細書(レセプト)の作成で、専門的な知識が必要になります。そのため求人では経験者が優遇されることがほとんどで、未経験だと給与面でも不利になります。しかし医療事務の資格を持っていれば、経験がなくても比較的採用されやすくなります。医療事務の資格試験はさまざまな団体が実施していて、国家資格のような基準はなく、学校に通うほか通信教育などでも取得できます。最近ではレセプトの作成がコンピューター化されている場合も多く、そうしたクリニックでは医療事務資格に関係なく求人を行なっていることがあります。ただしコンピューターや電子カルテの入力にも、専門用語を知っておいたほうが良いでしょう。

女性が職場復帰しやすい

高齢化のせいもあって医療・介護サービスへの需要は年々伸びつつあり、医療事務の求人数も増えていくと予想されます。そのため正社員だけでなく、パートやアルバイトなどの求人も多く、自分の都合に合わせて働くことができます。経験が活かせる仕事なので、結婚や出産で一度退職した女性でも、比較的簡単に職場復帰できるというメリットがあります。医療事務といってもレセプト作成だけでなく、窓口で受付をしたり、カルテを整理したり、調剤業務の手助けをしたりするなど、いろいろな仕事があります。基本は事務仕事ですが、コミュニケーション力のある方に向いています。勤務内容はクリニックによって異なるので、求人情報をよく確認することが大切です。